老人ホーム等に入居している場合(小規模宅地の特例)

 

【ご相談の状況】

 

数年前にお父様を亡くされ、住んでいたお家はお父様からお母様が相続され、その後お母様が老人ホームへ入居しているのだが、お母様の相続時には小規模宅地の特例は使えるのか心配というご相談を息子さん(相続人予定者)よりご相談いただきました。

 

【当センターの対応】

 ・まず状況の確認(ヒアリング)を行いました。

  お母様は介護保険法に規定する要介護認定を受け、住んでいたお家を離れ特別養護老人ホームへ入所し

  ていた。

  息子さんは以前より、ご両親と同居しており、お母様が特別養護老人ホームへ入所した後も住み続けて

  いる。

 ・その後、適用するための要件(ここでは割愛します)のご説明をしました。

 

【結果】

 確認した状況等から、現時点では小規模宅地が使えるとの結論を出しました。

「現時点」でとは今後の状況によっては適用出来なくなってしまうので、注意点もお伝えしました。

 

小規模宅地等の特例が適用できるのか、適用することによって実際にいくら減額されるのか、支払うべき税金はいくらなのか、提出する書類はどれなのか、それぞれがお持ちの土地や資産の状況によって変化しますので、専門家に一度相談されることをおすすめします。

 

当事務所に関する詳しい内容は以下をご覧下さい。

zyosei2

サービス料金

 

事務所のご紹介

 

スタッフのご紹介

アクセス

 

お客様の声

 

HOME