遺言とは異なる遺産分割

 

【ご相談者様の状況】

 

2ヵ月程前に相続が発生。

また、公正証書遺言があり、ほぼすべての財産を相談者の方が

もらえる内容になっているとのことでした。

ただ、他の相続人のことも考えると、遺言通りの内容には抵抗があり、

何とかできないものかとのご相談でした。

 

【当事務所の対応】

 

多くの方が誤解をされていますが、遺言書は絶対なものではありません。

勿論、お亡くなりになった方の意思、または、希望ですので、そのことは

尊重されるべきものでもあります。

ただ、相続人全員さえ承諾すれば、

遺言書とは別の遺産の分け方をすることも可能なのです。

幸い、この方の場合、執行者もご本人であったため、面倒な問題はなく、

分割協議が進められることをご説明しました。

 

【結果】

 

これらの説明により、かなり、スッキリとされたご様子。

相続人の方たちを集めて頂き、その旨の説明をし、その後の分割協議のお手伝いと

相続手続きの進めさせていただくこととなりました。

 

当事務所に関する詳しい内容は以下をご覧下さい。

zyosei2

サービス料金

 

事務所のご紹介

 

スタッフのご紹介

アクセス

 

お客様の声

 

HOME