二次相続の検討

 

【ご相談者様の状況】

 

お父様がお亡くなりになり、息子さんが相談にお見えになりました。

相続人は、お母様とお子さん2人。

相続税の心配もない(相続財産が基礎控除以下)ので、全ての財産をお母様が相続されるということで、不動産の名義変更手続きのご相談でした。

 

【当事務所の対応】

 

不動産の名義変更の手続きはお引き受けしたのですが、よくよくお話をお聞きすると、お母様は現役時代バリバリのキャリアウーマンでお父様より財産をお持ちとのこと。

しかも、お母様の財産は基礎控除以上ありそう。

今回の相続でお父様の財産を全てお母様が相続されると、お母様の相続(二次相続)の際の相続財産はお母様の財産プラスお父様の財産となります。その上、基礎控除は相続人1人分少なくなります。

ご相談者様には、今のまま全財産をお母様が相続しても問題はありませんが、二次相続の際の可能性のお話をさせて頂きました。

 

【結果】

 

ご相談者様の話では、相続人の皆様は今回の相続の事しか考えていなく、先のことは全く気にしていなかったそうで、帰ってお母様たちに相談してみる。との事でした。

その結果、お父様の財産の一部はお子様方が相続することになりました。

 

今回のように、ご夫婦それぞれがある程度の財産をお持ちの場合、二次相続の可能性も視野に入れることで、親から子への相続のトータルでの検討が可能となります。

 

当事務所に関する詳しい内容は以下をご覧下さい。

zyosei2

サービス料金

 

事務所のご紹介

 

スタッフのご紹介

アクセス

 

お客様の声

 

HOME