未成年の相続人がいる場合

 

【ご相談様の状況】

・相続人に未成年の子がいる

申告手続きや、名義変更手続きについて、何か特別な手続きが必要と聞いてご来社されました。

 

【当センターの対応】

 結論は特別代理人の選定が必要になります。

 

未成年者の法定手続きは親など(法定代理人)が通常行いますが、相続財産をどう分けるかの協議(遺産分割協議)は親子間とは言え同じ相続人となるため、権利を侵害してしまう恐れがあります。 この場合は、別途代理人(特別代理人)を選任し、手続きを進めていく必要があります。

 

【結果】

特別代理人を選任後、無事、名義変更手続きや相続税の申告手続きを終えることができました。

 

選任手続きは家庭裁判所で行います。

選任の申請から審判がされるまで、1~2か月かかりますので、余裕を持ったスケジューリングが大切です。

 

当事務所に関する詳しい内容は以下をご覧下さい。

zyosei2

サービス料金

 

事務所のご紹介

 

スタッフのご紹介

アクセス

 

お客様の声

 

HOME