小規模宅地の特例により納税がなくなったケース

【ご相談者様の状況】

 

相続が発生し、相続税と分割方法について教えてほしいと相談がありました。

被相続人は父、相続人は母と長男と長女
財産は自宅の土地・建物(2,000万・1,000万)、
長男の家の敷地(1,500万)、預貯金(1,000万)
合計5,500万円

私が全て相続をしたいのだが、預貯金が多くないため
税金の負担を心配しているとのこと

 

【当事務所の対応】
 

2つのプランをご提案しました。
①    長男が全て相続した場合
②    自宅のみお母様が相続しそれ以外を長男が相続した場合

ご希望の①のプランだと相続税が多く発生してしまうため、
小規模宅地の特例を使って納税額を少なくした②のプランを追加しました。
また、二次相続ではご自宅がお母様の相続財産となるため、二次相続の試算も合わせて行いました。

小規模宅地の特例とは ※詳細はこちらをご覧ください※

 

【結果】


相続税の負担を心配していたこともあり、②のプランで相続税の申告をさせていただきました。
納税額が少なくなり、財産をなるべく減らさず相続できて良かったと、大変喜んでいただきました。

 

当事務所に関する詳しい内容は以下をご覧下さい。

zyosei2

サービス料金

 

事務所のご紹介

 

スタッフのご紹介

アクセス

 

お客様の声

 

HOME