夫婦間で居住用の不動産を贈与したときの配偶者控除が適用されたケース

【ご相談者様の状況】


相続が発生するかもしれないので事前に対策ができないのか、と相談がありました。

財産は自宅不動産2,000万、預貯金1,500万、アパート(敷地含む)3,500万

推定相続人は妻と長女、長男

 

 

【当事務所の対応】


まずは財産の状況を把握し、その上でご自宅の不動産を生前に奥様に贈与することを
メリット、デメリットともにご説明しおすすめ致しました。

 

【結果】
 

生前に贈与をした結果、自宅不動産分の評価分が私の財産総額から減額され、
結果的に相続税額が大幅減額される見込みとなりました。
相続税額の減額と不動産の名義が奥様に生前に変更されたことにより、
大変喜ばれました。


※この制度は婚姻期間など一定の条件がありますので、事前に適用状況の判断が必要になります。

 

当事務所に関する詳しい内容は以下をご覧下さい。

zyosei2

サービス料金

 

事務所のご紹介

 

スタッフのご紹介

アクセス

 

お客様の声

 

HOME