遺言書の作成をおすすめしたケース

【ご相談者様の状況】


私は父が他界した後、夫とともに母の面倒を見てきました。
次女とは疎遠で父の葬儀以来連絡もありません。
母とは同居しているため、自宅を含め財産のほとんどを相続したいのだが
どうすればいいのか?と当センターにご相談をいただきました。


推定相続人は長女、次女

 

 

【当事務所の対応】
 

このまま何もせずにお母様の相続が発生すると法律上は法定相続分の1/2ずつを
妹さんと相続することになります。
話し合いの中で長女がほとんど相続すると決まれば円満に解決をしますが、分割の話し合いをとてもまともにできそうにないとの状況からお母様に遺言書の作成をしていただいたら良いのでは。と提案致しました。

 

【結果】

 

後日、お母様と一緒に当センターにお越しいただき、改めてご説明して上で公正証書遺言の作成をご依頼いただき実際に作成をしました。
 

遺留分という最低限保証される権利を考慮しながらの作成にはなりましたが、
 

「何もしなければ全く違う結果になったかもしれない」ととても喜んでいただきました。

 

 

 

当事務所に関する詳しい内容は以下をご覧下さい。

zyosei2

サービス料金

 

事務所のご紹介

 

スタッフのご紹介

アクセス

 

お客様の声

 

HOME