生命保険の利用で相続税の負担がゼロになったケース

【ご相談者様の状況】

生前、お元気なご本人からの相談で、
「自分が死んだ時には相続税はどれ位掛かるのか?」というものでした。
現況は、下記のとおり。
相続人 お子さん3名
相続財産 預金4,000万円 自宅評価 2,500万円の合計6,500万円

この状態での相続税概算は170万円。
「これしか財産がないのにそんなに掛かるの?」といったご様子。

 

【当事務所の対応】

改めてお聞きしてみると生命保険には加入していないとのこと。
また、ご年齢も83歳ということで、何とか終身保険の加入はできそう。
そこで、お子さん3人を受取人とする一時払いの終身保険に加入することを提案。

 

【結果】

生命保険の保険金のうち、「相続人の人数×500万円」は非課税となります。
簡単に言えば、この事案の場合、3人×500万円=1,500万円は受け取っても、
税金の対象になりません。
預金でそのままもっていれば、相続税が掛かりますが、
その預金を生命保険会社に終身保険として預けかえるだけで、
計算対象から外れてしまいます。
預金から生命保険に変わっただけなので、お持ちの資産は減りませんが、
評価が1,500万円減るので、相続財産は6,500-1,500=5,000万円となり
相続税の心配は殆どしなくてよい状態になります。

手続的には非常に簡単であるにも拘らず、効果は大きいということで
大変、喜んでいただけました

 

 

当事務所に関する詳しい内容は以下をご覧下さい。

zyosei2

サービス料金

 

事務所のご紹介

 

スタッフのご紹介

アクセス

 

お客様の声

 

HOME