特定の公益法人などに寄付をした場合の特例

状況

お父様がお亡くなりになり、配偶者の方がご相談にみえました。
法定相続人は配偶者、子供が2名の合計3名
生前から、お父様が自分が亡くなったときには遺産の一部を学校(学校法人)に寄付をしてほしいと仰っていたそうで、相続人の方もその意向通り寄付することを検討していました。

 

当センターの対応

遺産の一部を学校法人に寄付をすると、その寄付金分は相続財産から控除することが出来る旨を下記注意点とともに説明しました。
注意点
①    学校法人が特定の公益法人に該当すること
②    相続税の申告期限までに寄付をすること
③    相続税の申告書に証明書又は領収書を添付する必要があること

 

結果

お父様の意向に沿って、申告期限内に寄付をすることができ、相続税額も少なくなったので相続人を含めご遺族の方に大変喜ばれました。

 

 

当事務所に関する詳しい内容は以下をご覧下さい。

zyosei2

サービス料金

 

事務所のご紹介

 

スタッフのご紹介

アクセス

 

お客様の声

 

HOME