納税資金準備

_3YC27210005 面談(長野) 事務所看板前①(長野)

 

納税資金の準備も重要な相続対策の一つです。

相続税対策でこれまで良く採用された方法に、
無理な借入により自己の所有する土地に賃貸マンションやアパートの建築をして
土地の評価額を下げる
というものがあります。

しかし、この方法には予想外に空室が多く建設資金の返済が苦しくなったり、
土地の売却が困難になったりと一定のリスクが伴い、
相続税の節税対策としては危険かもしれません。

このように相続税額を下げることばかりに気を取られ、
肝心の相続税を納付する資金がないと意味がありません。


多額の現預金を残せる場合であれば問題ありませんが、
そうでない場合には
「物納用の土地を残す」「死亡退職金を使う」といった財源対策を行うことが重要です。
「保険に加入して死亡時には保険金を受け取れるようにしておく」というのも対策の一つです。

 

納税資金を準備しておいたほうがよい理由

相続が発生して10ヶ月以内に相続税の申告をしなければいけません。
いきなり多額の税金を納付しなければならないとなると、
準備出来る方というのは多くありません。
中には、大切な財産を手放さなければならないという方もいらっしゃいます。

そのようなことにならない為にも、相続税の節税だけでなく、
納税資金の準備もしっかりと行っておきましょう。


納税資金の準備に関するご相談も受け付けております。
お気軽にお問い合わせ下さい。

 

当事務所に関する詳しい内容は以下をご覧下さい。

女性①(長野)

サービス料金

 

事務所のご紹介

 

スタッフのご紹介

アクセス

 

お客様の声

 

HOME