0120-352-678

つながらない場合は 026-223-1888

受付時間:平日8:30~18:00

  • ホーム
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 無料相談
  • 料金表
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 選ばれる理由
  • アクセス

地積規模の大きな宅地の評価

地積規模の大きな宅地の評価対象となれば、土地の評価に規模格差補正率という割引率を使うことができます。

土地の評価額を下げることは、課税金額を減らすことにつながります。課税金額を下げるということは、納付する税金が下がるということになります。

地積規模の大きな宅地の評価の適用要件

1.規模要件

三大都市圏:500平方メートル以上の地積

三大都市圏以外の地域:1,000平方メートル以上の地積

 

2.地区要件

路線価地域:普通商業・併用住宅地区及び普通住宅地区に所在するもの

倍率地域:要件なし

 

3.容積率要件

指定容積率:400%(東京都の特別区においては300%)未満の地域に所在するもの

 

上記3つの要件に当てはまる場合、規模格差補正率という割引率を使って土地を評価することができます。

規模格差補正率は、土地の面積や所在地域によって変わりますので、詳しくは税理士にお問合せください。

お客様の声
お客様の声 匿名希望様
親切に説明していただき、相続のこともよくわかりました。 色々な書類があり、自分ではできなかったなと思いました。 まごころ相続センターさんにお願いしてよかったです。 ありがとうございました。
お客様の声 匿名希望様
ほっとしています。 専門の方にお願いして安心できます。
お客様の声 匿名希望様
葬儀社さんに紹介していただいた。 分からないことばかりだったので、専門の方に教えていただき、お願いできたことで助かりました。
お客様の声 匿名希望様
連絡も密に下さり、とても丁ねいに対応して頂けました。 おすすめです。
その他のお客様の声はこちら

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ
PAGETOP