0120-352-678

つながらない場合は 026-223-1888

受付時間:平日8:30~18:00

  • ホーム
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 無料相談
  • 料金表
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 選ばれる理由
  • アクセス

不動産の共有リスク

<相談内容>

被相続人の相続財産の中に駐車場として賃貸している土地がありました。一定の賃料が手元に入るという事で、この土地を相続人全員で等分に相続したいとお考えでした。
よくよくお話をお聞きすると、この土地は被相続人の兄弟で共有しており、賃貸料は各共有者に直接入金がされ、固定資産税は被相続人(長男)が納税し、他の兄弟と精算する形をとっていたようです。

<当センンターの対応>

結論は不動産の共有はお勧めしませんでした。
現在の共有状況でもお解り頂けるかもしれませんが、キーマンは被相続人でした。今回の相続で被相続人の持分を共有するという事は、共有者が増え、税金の精算手続きが煩雑になります。次の相続が発生すれば共有者は更に増え、共有者の関係性はより希薄になります。一番の懸念事項は、仮に売却若しくは賃貸契約の解約・変更等をしたくても、他の共有者全員の同意を得なければできないという点です。
 結果、今回この土地の被相続人の持分は配偶者の方が相続することになりました。
“兄弟での共有”の課題点をご理解いただけて、次(配偶者)の相続に向けて今後お子様方で話し合うということになりました。

お客様の声
お客様の声 匿名希望様
ほっとしています。 専門の方にお願いして安心できます。
お客様の声 匿名希望様
葬儀社さんに紹介していただいた。 分からないことばかりだったので、専門の方に教えていただき、お願いできたことで助かりました。
お客様の声 匿名希望様
連絡も密に下さり、とても丁ねいに対応して頂けました。 おすすめです。
お客様の声 J・N様
相続税について知識がほとんどなかった私にとって、安心してお任せすることができました。
その他のお客様の声はこちら

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ
PAGETOP