0120-352-678

つながらない場合は 026-223-1888

受付時間:平日8:30~18:00

  • ホーム
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 無料相談
  • 料金表
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 選ばれる理由
  • アクセス

税務調査の視点~コラム~

簡単に言うと「申告書の記載内容の妥当性の確認
これが税務調査の目的です。

では、「申告書の記載内容の妥当性の確認」はどういう風に行われるのか?
簡単に申し上げると「多面的です」。

1.時点

お亡くなりになった方が、お亡くなりになった時点で、
何をどれだけもっていたかは、その時点情報だけでは判断しません。
例えば、遺産総額1億円だった人がいたとします。
これは、残高証明や不動産の評価書などの添付資料を見ればわかることですが、
その人の経歴からすれば、それではおかしいのではという視点で、
調査は始まります。
つまり、過去の歴史から現在を推測するようなアプローチです。

2.人間性、趣味等

お亡くなりになった方がどういう人だったのか、また、どんな趣味を持っていたか?
こんなこともよく確認されます。
なぜか?
人がどういうところにお金を使うは、その人の性格と表裏だからです。
なので、かなりここは重要です。

3.お金の管理者

「お金の管理者が誰だったのか」というのも重要なテーマです。
本人以外の人が支払いをしていたというケースも、割とあります。
そのあたりのことも1.の話と平行して聞かれることが多いです。

4.まとめ

他にもたくさんあり、本当に多面的検討がされます。

したがって、申告に際しては同じような観点から相続人の方に
お話を聞いていく必要があります。
嫌がられることもありますが、調査で嫌な思いをしないためにも
必要なステップなのだと思います。

お客様の声
お客様の声 匿名希望様
親切に説明していただき、相続のこともよくわかりました。 色々な書類があり、自分ではできなかったなと思いました。 まごころ相続センターさんにお願いしてよかったです。 ありがとうございました。
お客様の声 匿名希望様
ほっとしています。 専門の方にお願いして安心できます。
お客様の声 匿名希望様
葬儀社さんに紹介していただいた。 分からないことばかりだったので、専門の方に教えていただき、お願いできたことで助かりました。
お客様の声 匿名希望様
連絡も密に下さり、とても丁ねいに対応して頂けました。 おすすめです。
その他のお客様の声はこちら

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ
PAGETOP