0120-352-678

つながらない場合は 026-223-1888

受付時間:平日8:30~18:00

  • ホーム
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 無料相談
  • 料金表
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 選ばれる理由
  • アクセス

申告期限内に分割協議がまとまらない

<ご相談者様の状況>

 お母様を亡くされた息子さんがご相談に見えました。
お父様は既にお亡くなりだったため、相続人はご相談者様とそのご兄弟になります。
お母様の遺言書が無いので、遺産(ご自宅不動産と預貯金)分割については兄弟で協議をして決めます。
相続税の申告には分割協議の確定が不可欠です。
ところが、この分割協議がなかなか纏まりません。
そうこうするうちに申告期限内(10か月)には分割協議が纏まらない見込みになってしまいました。

<当センターの対応>

 1.まず、相続税の申告期限内に未分割の状態でしたので相続税の仮申告と納税をして頂きました。
2.その後、分割協議が纏まった際に仮申告の修正をする形で申告書を再提出いたしました。

<結果>

 相続税の申告期限は過ぎてしまいましたが、なんとか相続人全員が納得のいく分割ができたとおっしゃって頂きました。
 相続税の申告には期限があります。
この期限内に故人の遺産について分割が成立すれば良いのですが、それぞれにご事情がありますので、期限内に分割を成立することができないこともあるでしょう。
早めに専門家に相談することをおすすめいたします。

<解説>

分割協議が纏まらないからといって相続税の申告期限は待ってくれません。
その場合には、申告期限内に一旦仮申告をした上、納税をすることになります。

その後、分割協議が確定した時点で再計算を行い、申告書を再提出することになります。
税金については仮申告時に納めすぎ⇒還付 納付不足⇒差額を納税 となります。

また仮申告では相続税の各種特例※が適用できません。
但し、分割協議が申告期限から3年以内に纏まるとこれらの特例を受けることができます。
(仮申告時に分割が見込まれる旨の届出が必要です。)
※小規模宅地の特例や配偶者の税額軽減の特例など

お客様の声
お客様の声 T・H様
自分が当事者になると想像以上に手間がかかって大変でした
お客様の声 K・A様
相続など、機会がなかったので、手続きなど全く解らなかったので依頼して良かったと思います。 銀行の手続きの方法も教えてもらったので助かりました。
お客様の声 S・S様
相続手続きはなにも分からず、不安だけが先行しましたが、専門の方に相談して良かったです。 専門の方に相談すれば安心出来ます。 まずは安心してから順次手続きに取り掛かる事をおすすめします。
お客様の声 K・M様
何かと大変でしたが、それを全て自分で処理するとなると気が遠くなります。 お任せして助かりました。 安心して依頼できます。 大変親切に対応して頂きました。
その他のお客様の声はこちら

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ
PAGETOP