相続税の計算方法はこうなる

相続税の計算は、ご自身が相続により取得する財産だけから算出することはできません。被相続人の家族構成、ご自身以外の相続人が相続により取得する財産などの情報が必要になってきます。

 

相続税の計算は複雑です。まず亡くなった方の所有する全ての財産(不動産、預貯金、株式、その他の財産)を合計してください。

 

この合計金額から、基礎控除額(3000万円のプラス相続人1人につき600万円)を控除します。この時点で計算結果が0円以下になった場合には、相続税は発生しません。なお借金や未払金、葬儀費用については、財産の合計額から控除する事となります。

 

次に相続税額の計算に移ります。まずは、財産全体に対する「相続税の総額」を求めます。財産の合計額から基礎控除を控除した残額を、各相続人が法定相続分通りに相続したものと「仮定」して、各相続人の税額を算出し、合算します。これを「相続税の総額」と言います。

 

最後に、それぞれの相続人が実際に負担すべき相続税額の計算をします。前段階で求めた「相続税の総額」を、各相続人が財産の取得割合に応じて各自が負担する、という仕組みになります。全財産の30%を相続した人は、「相続税の総額」の30%相当額を負担する事となります。

 

従って、亡くなった方の全財産を把握しなければ、自分が負担すべき相続税額は計算できません

自分が相続した財産だけでは、負担すべき相続税額は計算できませんので、ご注意ください。

 

当事務所に関する詳しい内容は以下をご覧下さい。

zyosei2

サービス料金

 

事務所のご紹介

 

スタッフのご紹介

アクセス

 

お客様の声

 

HOME