0120-352-678

つながらない場合は 026-223-1888

受付時間:平日8:30~18:00

  • ホーム
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 無料相談
  • 料金表
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 選ばれる理由
  • アクセス

刀剣

【ご相談者様の状況】

お父様がお亡くなりになり、お子様が相談に見えました。
相続財産について確認している際に、「昔、刀を見たことがある。」とのことで、保管場所についても心当たりがあるとのことでした。
先ずは、現在も保有しているかの確認をお願いすると、脇差1本(県教育委員会の銃砲刀剣類登録証あり)が見つかったとご連絡いただきました。

【当センターの対応】

刀剣や書画骨董品は、「売買実例価格、精通者意見価格等を参酌して評価する」と規定されています。しかし、これらはテレビ番組でもあるように、本物か?(模造品ではないか?)仮に本物でも価格はピンキリ。。。と評価するには非常に悩みます。なので、遺産に書画骨董品があった場合、古美術商などの専門家の方に鑑定をして頂くように依頼しています。
今回も刀剣を扱う専門店の方に鑑定をしていただくよう依頼を致しました。
また、刀剣は銃刀法の規制を受けます。今回は登録証がありましたので、教育委員会に相続の届出が必要なこともお伝え致しました。

【結果】

相続人様は刀剣については全く分からないという状況でしたので、脇差の造られた時代や評価額が分かったこと、教育委員会への手続きが必要なこと、を知ることができ安心した。と仰っていただきました。

お客様の声
お客様の声 匿名希望様
何をすればいいのか、どう相談したらいいのか不安が大きいと思いますが、安心してお電話してみて下さい。
お客様の声 K・K様
税理士紹介サイトを利用しても、希望する税理士が探せない場合がありますので地元の信頼できる税理士法人に依頼される事をおすすめします。
お客様の声 匿名希望様
丁寧で親切な対応で大変感謝しています。 又、お世話になる機会があれば是非お願いしたいと思っています。
お客様の声 匿名希望様
困っている事があればとにかく相談してみて下さい。何かしらの解決策を投じてくださると思います。メンタル面でのサポートもあり、本当にありがたかったです。
その他のお客様の声はこちら

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ
PAGETOP