0120-352-678

つながらない場合は 026-223-1888

受付時間:平日8:30~18:00

  • ホーム
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 無料相談
  • 料金表
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 選ばれる理由
  • アクセス

遺言書の書き直し~平成26年以前は注意~

<ご相談様の状況>

被相続人が生前に専門家に相談して作成した公正証書遺言書がある。
どのように手続きを進めたらいいのかわからないとのご相談でした。

<当センターの対応と結果>

 名義変更等の手続きと、相続税の申告をさせて頂きました。
遺言書の内容は、当時は申告不要と想定されていたため、不動産のみを相続する受遺者(相続人)がおり、納税資金の手当てがされていませんでした。
 結果的に相続税を相続人の自己資金から捻出できたため、遺言書通りに手続きを終えることができました。

<注意点>

相続税法の改正により平成27年1月1日以降相続発生から基礎控除が減額されました。
改正以前に遺言書を作成し、当時は相続税がかからないと想定したが、実際には相続税がかかるようなケースが発生してきています。
このような場合、不動産のみを相続させる予定の相続人がいると相続税は現金納付となるため、納税資金の手当てが充分でない可能性が懸念されます。

遺言書は作り直すことができますので、お早目に再度専門家に相談することをおすすめします。

お客様の声
お客様の声 匿名希望様
親切に説明していただき、相続のこともよくわかりました。 色々な書類があり、自分ではできなかったなと思いました。 まごころ相続センターさんにお願いしてよかったです。 ありがとうございました。
お客様の声 匿名希望様
ほっとしています。 専門の方にお願いして安心できます。
お客様の声 匿名希望様
葬儀社さんに紹介していただいた。 分からないことばかりだったので、専門の方に教えていただき、お願いできたことで助かりました。
お客様の声 匿名希望様
連絡も密に下さり、とても丁ねいに対応して頂けました。 おすすめです。
その他のお客様の声はこちら

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ
PAGETOP