0120-352-678

つながらない場合は 026-223-1888

受付時間:平日8:30~18:00

  • ホーム
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 無料相談
  • 料金表
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 選ばれる理由
  • アクセス

遺産分割(分け方)の話

<当センターへの相談内容>

お父様が亡くなられ、どのような手続きが必要か教えてほしい とご来社。
相続人は配偶者、長女、次女の3名で、財産はご自宅の不動産と預貯金。
全員揃ってご相談にお越しいただきました。

お話を伺ってみると、配偶者(妻)1/2 長女1/4 次女1/4ずつ相続したいとのこと。

<当センターの対応>

 上記の割合で分けたい理由を聞くと、法律でそう決まっていると聞いたので
その通り分けなければいけないと思い込んでいることがわかりました。
 
 上記の割合は民法にて定められている「法定相続分」という権利割合となり、
揉めてしまった場合などに、この権利分は主張ができるといった位置づけとなります。

 したがって、お話合い(分割協議)にて権利主張するかどうかは自由で、相続人全員の合意があればどのように分けてもOKです。

 合意ができたことを書面にすると遺産分割協議書となります。
こちらは後々トラブルにならないよう作成することをおすすめしております。

<結果>

 今回は不動産を配偶者(妻)、預貯金を長女と次女で半分ずつ相続する形で合意がされました。

不動産を分けられないことを疑問に思い、ご来社されたそうですが、そもそもが思い違いで
ベストな形を導き出せたと喜んで頂きました。

 分割協議はデリケートな問題です。
ある時は相続税額に影響を与え、またある時は後世の相続問題を引き起こすきっかけとなります。

 まずは専門家にご相談されることをお勧め致します。

お客様の声
お客様の声 T・H様
自分が当事者になると想像以上に手間がかかって大変でした
お客様の声 K・A様
相続など、機会がなかったので、手続きなど全く解らなかったので依頼して良かったと思います。 銀行の手続きの方法も教えてもらったので助かりました。
お客様の声 S・S様
相続手続きはなにも分からず、不安だけが先行しましたが、専門の方に相談して良かったです。 専門の方に相談すれば安心出来ます。 まずは安心してから順次手続きに取り掛かる事をおすすめします。
お客様の声 K・M様
何かと大変でしたが、それを全て自分で処理するとなると気が遠くなります。 お任せして助かりました。 安心して依頼できます。 大変親切に対応して頂きました。
その他のお客様の声はこちら

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ
PAGETOP