0120-352-678

つながらない場合は 026-223-1888

受付時間:平日8:30~18:00

  • ホーム
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 無料相談
  • 料金表
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 選ばれる理由
  • アクセス

相続税の計算方法はこうなる

相続税の計算は、ご自身が相続により取得する財産だけから算出することはできません。被相続人の家族構成、ご自身以外の相続人が相続により取得する財産などの情報が必要になってきます。

相続税の計算は複雑です。まず亡くなった方の所有する全ての財産(不動産、預貯金、株式、その他の財産)を合計してください。

この合計金額から、基礎控除額(3000万円のプラス相続人1人につき600万円)を控除します。この時点で計算結果が0円以下になった場合には、相続税は発生しません。なお借金や未払金、葬儀費用については、財産の合計額から控除する事となります。

次に相続税額の計算に移ります。まずは、財産全体に対する「相続税の総額」を求めます。財産の合計額から基礎控除を控除した残額を、各相続人が法定相続分通りに相続したものと「仮定」して、各相続人の税額を算出し、合算します。これを「相続税の総額」と言います。

最後に、それぞれの相続人が実際に負担すべき相続税額の計算をします。前段階で求めた「相続税の総額」を、各相続人が財産の取得割合に応じて各自が負担する、という仕組みになります。全財産の30%を相続した人は、「相続税の総額」の30%相当額を負担する事となります。

従って、亡くなった方の全財産を把握しなければ、自分が負担すべき相続税額は計算できません
自分が相続した財産だけでは、負担すべき相続税額は計算できませんので、ご注意ください。

お客様の声
お客様の声 匿名希望様
親切に説明していただき、相続のこともよくわかりました。 色々な書類があり、自分ではできなかったなと思いました。 まごころ相続センターさんにお願いしてよかったです。 ありがとうございました。
お客様の声 匿名希望様
ほっとしています。 専門の方にお願いして安心できます。
お客様の声 匿名希望様
葬儀社さんに紹介していただいた。 分からないことばかりだったので、専門の方に教えていただき、お願いできたことで助かりました。
お客様の声 匿名希望様
連絡も密に下さり、とても丁ねいに対応して頂けました。 おすすめです。
その他のお客様の声はこちら

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ
PAGETOP