0120-352-678

つながらない場合は 026-223-1888

受付時間:平日8:30~18:00

  • ホーム
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 無料相談
  • 料金表
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 選ばれる理由
  • アクセス

小規模宅地~小規模宅地の特例により納税がなくなった

【ご相談者様の状況】

相続が発生し、相続税と分割方法について教えてほしいと相談がありました。

被相続人は父、相続人は母と長男と長女
財産は自宅の土地・建物(2,000万・1,000万)、
長男の家の敷地(1,500万)、預貯金(1,000万)
合計5,500万円

私が全て相続をしたいのだが、預貯金が多くないため税金の負担を心配しているとのこと

【当事務所の対応】

2つのプランをご提案しました。
①    長男が全て相続した場合
②    自宅のみお母様が相続しそれ以外を長男が相続した場合

ご希望の①のプランだと相続税が多く発生してしまうため、小規模宅地の特例を使って納税額を少なくした②のプランを追加しました。
また、二次相続ではご自宅がお母様の相続財産となるため、二次相続の試算も合わせて行いました。

小規模宅地の特例とは ※詳細はこちらをご覧ください※

【結果】

相続税の負担を心配していたこともあり、②のプランで相続税の申告をさせていただきました。
納税額が少なくなり、財産をなるべく減らさず相続できて良かったと、大変喜んでいただきました。

お客様の声
お客様の声 匿名希望様
葬儀から色々心配事が増える中、安心して相談できる担当者がいて良かったです。 分からないことは、どんどん相談した方が早く不安が減っていいと思います。
お客様の声 匿名希望様
最初は葬儀社からの紹介の事務所の方に相談したのですが地元の事務所ではなく話が合いませんでした。 地元の事務所にお願いしたいと思い、無料相談をお願いしたらよく話を聞いていただいて安心してお願いする事に…
お客様の声 M・T様
気軽に細かい事まで話ができたので良かったです。分からないことだらけでしたが、納得しながら進めることができました。
お客様の声 N・Y様
実際に相続手続をしてみて勉強になった。 申告内容が理解出来た。相続手続は、専門の税理士さんにお願いすることをお勧めします。
その他のお客様の声はこちら

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ
PAGETOP