0120-352-678

つながらない場合は 026-223-1888

受付時間:平日8:30~18:00

  • ホーム
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 無料相談
  • 料金表
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 選ばれる理由
  • アクセス

土地評価(評価単位)水路により分断されている土地

【ご相談者様の状況】

お母様を亡くされ、相続人の方が相談にみえました。
お母様は生前個人事業を営んでおり、自宅と事務所が建っている2つの土地の評価が必要でした。個人事業はお母様が亡くなる前にすでに廃業していた為、自宅分と事務所分をそれぞれ分けて評価するのではなく、一体で評価するべきであろうという土地でした。

【当事務所の対応】

土地を評価するにあたり、公図を取得したところ、自宅と事務所の土地の間に市が所有する水路があることがわかりました。
水路で分断されている土地は、その水路が市からの払い下げが許可される状態の土地であれば、それを含めて一体評価することができ、逆に払い下げが認められない土地であれば、それぞれの土地を分けて別個に評価することとなります。

【結果】

市に問合せた結果、払い下げは認められない、とのことで別個に評価することとなり、想定より評価減することができました。

土地の評価はかなり複雑です。
減額補正ができる項目も多岐にわたるため、知識はもちろん経験が重要になってきます。
専門家へのご相談をお勧めいたします。

 

類似事例

土地評価(評価単位)

土地評価(現地確認)

土地評価~複雑利用~

お客様の声
お客様の声 匿名希望様
1.大変スピーディーである事2.物件に対しての使い道の相談、その他もろもろについて相談することができます。
お客様の声 M・H様
相続について心配があるならば、前もって家族と相談し、プロに相談しておいた方が、いざという時は安心して取り組み向き合えると思います。
お客様の声 O・T様
ネット広告が多い中で、本当に良い所に行くのが難しくなっている。 今回幸いにも良い所に行けたのはラッキーでした。
お客様の声 H・I様
毎回の打合せ時に丁寧な説明をいただき非常に分かりやすかった。安心して任せられます。
その他のお客様の声はこちら

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ
PAGETOP