0120-352-678

つながらない場合は 026-223-1888

受付時間:平日8:30~18:00

  • ホーム
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 無料相談
  • 料金表
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 選ばれる理由
  • アクセス

小規模宅地の特例(家なき子)

<ご相談様の状況>

数年前にお父様が亡くなり、その後お母様も亡くなり弊社で相続税申告のお手伝いをさせていただく事となりました。
ご兄妹はおらず、基礎控除額は相続人1人の3,600万円。
当初の計算では相続税額が1,000万円近くかかりそうでした。

<当センターの対応>

不動産の評価をした所、評価額が1,000万円でした。
小規模宅地等の特例が適用できれば、大幅に評価額を減額することが期待できます。
「小規模宅地等の特例」とは、被相続人が住んでいた土地や、事業・貸付用として使っていた土地を相続する場合に、一定の要件を満たすことで相続税の課税評価額が50%から最大80%減額される特例です。
(一定の要件についてはこちらをご覧ください)
相続人は進学の為にご実家を出られてからアパート暮らし、そのまま県外にて就職され会社の寮で生活をされておりました。

その経緯を書類で証明が出来れば、「小規模宅地等の特例」が適用できましたので、住所の履歴が記載される戸籍の附票、現在お住まいのアパートが相続人の所有しているものでは無い事が分かる登記簿謄本にて証明をしました。

<結果>

評価額が1,000万円から800万円減額され200万円になりました。
それにより相続税額も当初の予定より200万円以上下がりました。

小規模宅地等の特例は、要件が大変細かいため適用の可否の判断が難しい場合もあります。
土地評価も専門家が評価することで、様々な減額ポイントを見落とさずに評価できますのでぜひ一度弊社へご相談下さい。

類似事例

小規模宅地~小規模宅地の特例により納税がなくなった

小規模宅地は使える?~老人ホーム等に入居している場合~

小規模宅地の特例で節税対策

お客様の声
お客様の声 匿名希望様
1.大変スピーディーである事2.物件に対しての使い道の相談、その他もろもろについて相談することができます。
お客様の声 M・H様
相続について心配があるならば、前もって家族と相談し、プロに相談しておいた方が、いざという時は安心して取り組み向き合えると思います。
お客様の声 O・T様
ネット広告が多い中で、本当に良い所に行くのが難しくなっている。 今回幸いにも良い所に行けたのはラッキーでした。
お客様の声 H・I様
毎回の打合せ時に丁寧な説明をいただき非常に分かりやすかった。安心して任せられます。
その他のお客様の声はこちら

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ
PAGETOP